スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 遂に千穐楽!27
滝沢演舞城、千穐楽。
2008.4/27(日)、12時開演


御好意で観劇することができましたので、出来る限り書きたいと思いますが…記憶違いもあるかと思いますのでそのあたりは御容赦を。
本日は一階花道真横というありがたいお席。ステージもとても良く見えました。
お隣の方が藤ヶ谷・戸塚くんのファンということでなんだかとても嬉しかったです。最終日に良い方とお隣同士で嬉しかった。

今回の演舞城はこれで最後!ということで、毎度のことですがいつも以上にポエムなところがあります(平泉…とか)。
そのあたりはサラリと読み流して頂ければ。






・演舞城へのイントロダクション
ソロで出て来る河合さん。今日も前髪下ろし。
後藤くんのバイオリンに乗って躍るのが美しい。
すっかり髪の毛が伸びました。そしてオールバック風にするのを本格的に止めて下さったようで個人的に嬉しい。
森光子さんの声の時は今日も左に親指を引っ掛ける。(DVDに入ってたらぜひチェックを。かわいいので)
この時のポーズやら顔の角度やらがとてもきれいだと思う。(去年も同じでした)


・春の踊りは〜
滝沢(生声)「滝沢演舞城、千穐楽!みんないくぞー!(おー!)春の踊りは、よーいやさー!」
で幕が上がる。この時点でグっとくる。


・つくし
何度も何度も言いますが、オープニングが大好きです。シルバー・青の衣装を見るだけでドキドキします。
北山さんを先頭につくしの子のようにひょこひょこみんなが出て来る。
藤ヶ谷くんはセンター分け。戸塚さんは若干左のトップがふわりとしています。よく見たら右の襟足がめちゃめちゃ外ハネで…うん、最後まで戸塚さんらしい。
♪ファラウェ〜イ♪で扇子を持っての踊りでは回転し後ろになると戸塚・河合くんがMADの子たち(河合くんが辰巳さんとお話してるのはわりとよく見えるのですが、戸塚さんも今日誰かと笑い合ってたような…気がする。たぶん)と交流。
あ、それより前にある、戸塚・河合くんが扉から出て来るところも好きです。(去年は八乙女くんでしたっけ?)


・口上
北山「残念ながら22歳という年齢の関係で白虎隊にはいれませんでした。何か入ってますね(右の鼻の穴に何かが入っていたらしくそれを出す)。関係ないですけど、遂にこの日が、キター!」
と右手を挙げて…恐らくお笑い芸人さんのネタ。

戸塚「タッキー&トッツー。いい響きですね。…あ、T&T!」

河合「(右手を挙げて)タッキーの物真似やりまーす!」
客席「きゃー!」
河合「♪キャ(カ)ミラー・タマラー♪」
ちゃんと振り付きで行う。先日の滝沢電波城でもやっていらっしゃいました。そういえばベストツアーの城ホでもやっていましたっけ?

藤ヶ谷「…(河合くんのカミラタマラで笑ってしまった)…世田谷・雑司ヶ谷・藤ヶ谷。言わずと知れた〜」

松崎「みなさん千穐楽です!声出してください!春の踊りは、よーいやさ。松の踊りは?」
客席「よーいやさー!」
松崎「ありがとうございました!」
時々松崎さんがやっていた、「松の踊りは?」という振りにお客さんは「よーいやさ!」と答えるというもの。
今回はちゃんと説明的振りもあったのでわかりやすかったのか、結構たくさんの方が声を出されていたと思う!本当によかった。

福田「(前半忘れた)ラーメン・付け麺・ボク眉毛太め」
福ちゃんのこれでみんな毎回笑ってしまう。すごい破壊力。

辰巳「ホップ・ステップ・たつみんグー!」
某お笑い女芸人さんの『グー』。

後藤「僕のイニシャルはHG。ハハ…(力ない笑い)でも親からもらった大切なものです」


・和太鼓
河合くんの「ハー!」で始まる和太鼓。
初日は目線を合わせながら…というかんじでしたが、もうすっかりタイミングも身体に染み込んでだいぶ余裕のあるものに仕上がっています。
河合くんは仮面パフォーマンスをしている滝沢さんへ時折目線を送りながら、戸塚さんは和太鼓をじっと見ながら…というのが多かった気がする。(もしかしたら戸塚さんは太鼓の上あたりに目線が行っているように見えてその向こうの滝沢さんも同時に見ていたのかも)
和太鼓を叩きおわると、滝沢さんの元へ。
戸塚さんが使い終わった衣装やらを受け取りささっと捌け。


・清姫
安珍役の江田くんが本当に良いと思う。逃げ惑う表情がツボでした。
ナイスフライング!
…と思っていたら本人的には色々あったらしい(後程の挨拶で)
それにしてもやっぱり辰巳さんてうまいな…。


・白塗り
滝の白糸終わり、ザパー!と登場する戸塚さん。プルプルプルプルっと相変わらずドナルド・ダックみたいでかわいらしい。
滝沢歌舞伎の為に白塗りをしている滝沢さん。
それは御自身がマスコミに言ったから〜とお弟子さん(の役割なんですよね?たしか)。
戸塚「そうです、言い出しっぺは師匠なんです!」
滝沢「………(泣いて目を擦る仕草)」
戸塚「あああっ、師匠ー!」


・呉服屋さん
相変わらず番頭さん(松崎)のお隣でそろばんをコロコロと転がして遊んでいる辰巳さん。
そして今日も♪キミたち男の子♪
ここではいつも辰巳・福田くんの小芝居がとってもかわいらしかった。小首を傾げてみたり、打ち据えた板をどうしようとブルブル震えてみたり、男だ!と言われて後ろから匂いを嗅いでみたり(終盤福田)、投げキッスしてみたり躱してみたり(本日辰巳)。


・滝沢歌舞伎
滝沢歌舞伎がかなり好きでした。滝沢さんて本当にすごい。
ところで『執着獅子』。
もふもふを持って出て来る北山藤ヶ谷・戸塚河合の4人(ペア使い)。
ステージでもふもふ→花道に移動してもふもふ→ステージに戻って滝沢さんの周りでもふもふ→藤ヶ谷河合が扇子を渡して捌け
…というのが通常。
本日はステージでもふもふ→花道でもふもふ→ステージに戻ってもふ…………
あれ?
ステージに3人しかいないんですけど…?
このもふもふパフォーマンス大好きだからものすごく楽しみにしていたんですが…どう見ても3人しかいない…河合さんがいない…?!そう、だってさっきステージに移動する時に何気なく(ない)下手に捌けてた!
どうしたの河合さん、何かハプニング?!怪我?!どどどどうしたの??!
と狼狽えていると、もふもふパフォーマンス終了頃に河合さんがササっと登場。そして扇子を渡して捌け………
せ、扇子忘れましたか…。
その扇子を用意するのが御本人なのかスタッフさんなのか他のジュニアなのかは知りませんが、でもその状態で出てしまった以上は当人の責任。
しかし…最後の最後に…まさか………。
恐らく御本人相当ショックだったろうと思いますが…。もふもふやってる途中で気が付いたのかな…いや逆によく気が付いたよ…ね。ええ。
せめて渡す扇子がないという状態にならなくてよかった。
いやー………衝撃でした。


・忠臣蔵
忠臣蔵口上は河合さん。その目が潤んでいるのはさっきのアレでしょうかそれとも生まれつきでしょうか…
正直ファンも涙目です…。
浅野内匠頭の戸塚さんは本当にきれい。清廉の人。きれいな身体。あの表情が好きです。
そして刀の柄を掴む時の丁寧な指の動きが素敵すぎる。あの大きな長い指が…。
しかし本当に、男の人、というかんじになりましたね…戸塚さん。
滝沢さんが登場するところ(高い幕?の上に立って。それが手前に倒れてくる。桜の花びらが舞う)が本当にかっこいい。演出がとてもきれい。
去年の風間さん(吉良)が奥から布の波間を歩いて出て来るのもものすごくかっこいいなと思いましたが、このあたりの演出はいつも秀逸だと思う。
吉良の北山さんはものすごく憎らしい喋り方。声のかんじといい似合ってる。
しかし弱い…吉良弱いよ…!ほぼ一刀ですよね…。



2幕

・客席から登場の三郎。
「女が(小指立てる)必要となれば、心を盗む!」
…このバージョンが多かったような気がするので、戸塚さんお気に入りなのかな、と勝手に思ったりしました。
そして「オッス、弁慶!」と御挨拶の三郎。孫悟空みたいだ…


・三郎が盗んで来た団子
義経は花道横のお客さんに配ります。今日はポンポン投げて色んな人に配る!
そして今日も「弁慶、怒れ!」と振られる。
弁慶「たー!たたたたー!」
しかし全然反省してない、ということで…
義経「弁慶。お前の愛の告白で倒せ!」
弁慶「(弱ったように笑って、太刀を置いて跪き)……あのー…ぜひ僕をプライベートで第一の家来にして下さい!………!」
義経「どうした弁慶?」
弁慶「……三郎がいいって言われました…!」
三郎「やったー!(満面の笑みで親指立てて)」
ショックを受ける弁慶…
義経「三郎、お前の愛の言葉で倒してやれ!」
三郎「えー、今あなたが持っているマシュマロよりもあなたを包み込みます!(抱き締めるような仕草)」
弁慶「僕の時と全然顔が違うじゃないですか!参りますよ、千穐楽なのに!!(完全に拗ねた)」
義経「おまえ(三郎)何デレデレしてるんだっ」
三郎「えへへ」
弁慶「おまえはいいよなー!テンションが高くて!」


・馬を用意しろ
三郎「弁慶、今すぐ馬の用意を!」
弁慶「ははー!」
の後、「…ってこらー!」と今日もVenusを躍る弁慶。三郎も「それなら俺も踊れる!」と躍る。
そして揉み合う二人の背後で首を傾げながら同じく躍り出す義経。それを見て弁慶は笑ってしまう。


・影絵への導入、揉み合う二人
「俺の方が殿が好きだ!」「いや俺の方が親方が好きだ!」の争い。
今日は「じゃあどっちが好きか殿に聞こう!」という展開に。
弁慶「エントリーナンバー34、武蔵坊弁慶。年齢不祥。この一ヶ月間、殿には弁慶、弁慶には殿。弁慶にはやっぱり殿が必要だと思いました。よろしくお願いします!(右手を差し出し90度お辞儀)」
三郎「エントリーナンバー3番。伊勢三郎。一ヶ月間親方に付いてきて、あ、この人しかいねーなーと思いました。よろしくお願いします!(同じ格好)」
義経思案。選んだのは…
三郎「やったー!」
弁慶「やだやだやだやだやだ!!」(手を横でグーにして駄々っ子ポーズ、足もジタバタ)
三郎「ですよねー!♪」
弁慶「あーあ!やっぱ翼くんの方がいいわ!」
義経「ニ年間弁慶やってるから調子のってるんだ!!」


・お茶でも…
まあこれでも飲んで落ち着け…と義経にお茶を注いでもらう弁慶(影絵)。
義経「………翼くんて誰だ」
弁慶「(吹く)……ものすごく身長が高くてかっこいい…」
義経、弁慶を押し倒す勢いで殴り掛かる!
弁慶「すみません、今正直ちょっと調子乗りました…!」
本当に弁慶は空気の読める子だ…(若干調子乗りましたが)。しかし最後だからってみんなやりたい放題です。


・影絵
最後に三羽の鳥が飛んでいる影絵で終わり、シュパシュパ!と矢が刺さる音がして北山(悪役)さんの手下が斬り込んでくる…という展開。
しかし今日は…鳥が飛んでいる途中に…
弁慶「つばさくーん」
義経「???!(衝撃)」
えええっと客席が動揺している中、シュパシュパ!と音がしてタタタタっと手下が走り込んでくるが…。
義経「ちょっとまてー!!戻れっ!」
その一言で音楽が止まり、途中まで出て来てた刺客さんやステージ中央まで来てしまっていた(覆面を取られる人)刺客さんたちが戸惑い、あわあわと捌けていく。
義経「おまえ今なんて言った!」
弁慶「つばさくん、って言いました」
開き直って堂々と言う弁慶、さっきの事が相当ショックなよう。
弁慶「二年間がんばってるのに、何で三郎を!三郎だったら去年の風ポンのほうがいいですよ!」
ええ〜!とショックを受ける(現)三郎。
じゃあもう一度殿にどっちがいいか選んでもらおう!ということに。
三郎「いいな?弁慶。もう文句言うなよ?!」
ということでもう一度…
弁慶「エントリーナンバー45。武蔵坊弁慶、年齢不祥。私が二年間かけて描いた夢、それは殿のメールアドレスをゲットすることです!それは先程叶いましたので、後は寝る前と朝、メールと電話を欠かしません!よろしくお願いします!」
三郎「(たぶん前半もあったと思うけれど…)親方が大好きです!よろしくお願いします!」
90度お辞儀で右手を差し出す二人。義経悩む…
そして、そっと二人の手を取る義経…
弁慶「(その瞬間、ガバ!と顔を上げ)えっ!!(喜んだ顔)」
三郎「(え!という笑顔で同じく顔を上げ、弁慶の手も握られていることを確認。嬉しそうな顔で)…おやかたー!」
三人嬉しそうに手を繋いだまま
三郎「やったー!やっぱこの三人ですよねー!」
やったーやったーと輪になって三人肩を組みながら、ぐるぐると回り大喜び。
そして
義経「アクション!!」
で再開。(シュパシュパ→刺客さん登場、からやり直し!)


・引き続きの場面で刺客さんに腕を斬られる三郎
「いたーい!」とのたうち回りながら、今日も弁慶の足を掴み弁慶が倒れる→弁慶が義経の足を掴み義経倒れる


・せめて一度でいいから…
三郎「せめて一度でいいから、本当におなごの心を盗みたかったな!」
たしかこの時に弁慶が「殿、今日楽しいですね…」と言い客席が笑っていたため、この三郎のセリフが聞き取り難かった。


・壇の浦!
が終わり、照明が消えた中で後ろに控えていた鎌倉軍の皆様が立ち位置へつく。
その中でさり気なく髪の毛を整えていた北山(悪役)さんに思わず笑みが零れます…。


・平泉
花道真横ということで静々と登場する冨樫さんからしっかり拝見でき…改めてその睫毛っぷりに震えが走りました。
すごい、至近距離で見るとやっぱりすごい。隣を通って行く時の色の白さと睫毛っぷり(ちょっとカールしてるのがまた)にぼうっとしていると…頼朝の命が響き、ハッと我に返った。危ない危ない。
決して感情を出さない冨樫。しかし義経の姿、そして弁慶の主人を思う必死な姿に…。
揺れた心を映すような表情もいいですが、今日は義経へ笠を差し出したあたりの表情がとてもきれいで…。

弁慶に打たれた義経を目の前にし、振り切るというか自分の中のものを信じるかのように覚悟を決めた冨樫は一度静かに目蓋を閉じ、ゆっくりと開いてその目を見つめて笠を差し出し一礼する。
そして再び顔を上げた時の表情はとても穏やかで、幼いような無垢な表情が逆に切ない気持ちにさせられます。
「義経殿!良い家来を持たれた」、では柔らかい笑み。
やはり儚気な印象を抱いてしまうのは冨樫という役柄からくるものなのでしょうね。
本当にきれいで、切ないシーンでした。

平泉では義経が笠を取られ「貴方様は…!」の時にどうする?!と言うように弁慶を見上げるのと、打擲の間の三郎がとても好きでした。
そして花道での弁慶は本当に素晴らしい。

だがしかし冨樫さんのあの衣装の大きさ(敢えて衣装の方が大きいということにしてみる)は………いやーかわいい、かわいいです。
グーにした左手すら今日は丸々隠れていました。
何より縦に………大きすぎます。


・最後の別れ(出陣)
「殿と、出会いましたこと…」というセリフはいつも感極まった声を出す三郎。
終盤にかけてここはもうずっと泣いている(泣きそうになっている)と思う。
そして、言い終わるとにっこり深く笑う。いつも明るい三郎らしい、全開の笑顔。でも泣きそうなのを必死で抑えているのがわかるのが見ていて思わず心を持っていかれる。
小刀を受け取る時や去って行く時の顔など、本当に今年の三郎は戸塚さんなんだなあと改めて思う。
役が入ってるというか…もちろん全部そうなのですが、ここからのシーンではそれを強く感じます。
すごく、好きです。

別れのシーンの弁慶はいつも感情を少し抑え気味で、深く泣くことはあまりない気がしていた。(三郎…というか戸塚さんが感情を全開で出してくるので余計にそう感じただけかもしれませんが)
でも今日は一言目から揺れていて、ああ本当に泣いているというのがすぐにわかった。
今まで抑えていたような演技に感じていたのがまるでなくて、時々鼻を啜る音をさせ涙を零し言葉を詰まらせながら義経へ告げる。今までここまでのはなかったと思う。
去り際、最後に「殿ー!」と叫び一礼する弁慶。とても穏やかな笑み。


・三郎の最期
いつも通り、人斬りフミト(源ふけのり)さんに、背後から肩を掴まれて振り向き目が合ったところを(フミトが逆手に持った)刀で刺される→目が合ったまま深く抉られる→返す刀で一斬り→よろめいたところを足で蹴られて倒れる…な三郎。
フミトさん、最後までのたうち回る三郎を見下ろし笑いながら捌け。
「待て、ちょっと待てえ…!」の後、這ったまま「親方、笑ってください…!軽く見積もっても10人は〜」。
最後笑いながら、北山(悪役)さんに斬られていく。
満足な人生だったとでもいうようなすごく良い笑顔だった。


・弁慶の最期
今日も大勢に一気に刺され(二回)→「殿には指一本触れさせない!」→人斬りフミトがトドメ。
叫んだ後、刀を抜かれた時に(指令を出している)フミトを見る弁慶。そこを斬られる。
「との…殿、……よしつねさまああああ!」の後に一瞬すごく儚気な表情。


・北山(悪役)さんの最期
義経と対峙する時がいつもとてもかっこいいと思う(けど弱い…よわい…よね…)。
すらりと刀を抜き、構えるのも決まってる(けどよわ…い…)。
地面に突っ込み顔を歪ませる姿も、もうアイドルなんかじゃ到底ないような悔しそうな表情もとてもいい。
そして最期に血糊!
息絶える最後の最後まで悔し気に刀を拾おうとする、その執念がとてもよく伝わって来た良い悪役っぷりでした。
北山さんのことがますます好きになった。
ただ本当に弱かった…のが逆に愛しさを増すと言うか。




御挨拶
一緒にがんばってきたメンバーを一人一人紹介させて下さい、ということで最後の御挨拶。

・河合
じゃあまず、河合!ということで一番に呼ばれる。
河合「はい…(上手から登場。なに、と言われて)一人で呼ばれると思わなかったから…」
と若干戸惑いながら登場。
滝沢「河合はいつもはトッツー、五関…とかと一緒にね、A.B.C.…」
河合「塚ちゃんもです(笑)」
滝沢「どうしてもトッツーと塚ちゃんが難しいんだよな!」(今更すぎて衝撃的)
今回はこの4人で、ということで…
河合「あのー…すごく新鮮なかんじで…、最初ちょっとドキドキしてたんですよ。この4人でやるのかーって。なんていうか、シャッフル?みたいな。(A.B.C.とキスマイってそういうことあんまりないもんねと言われ)A.B.C.はほんとそういうの初めてだったんでー…。4人一緒じゃないっていうの。長年やってますけど」
4人一緒じゃなく分かれたのは、一人一人に責任が掛かってくる。
(今回の経験は)自分にとってプラスになった。
滝沢「河合はね、今回冨樫っていう役と…二役やってもらったんだけど」
冨樫というのは短い時間の中で一気にお客さんの気持ちを持って行く役柄。
滝沢「あの短い時間の中で一瞬で心を掴む役者さん…役者さんというか、演じられるのは、河合かなあと思って今回河合にやってもらった」
河合「ありがとうございます」
そしてもう一役の…人斬りさん!源ふけのり!
河合「滝沢くんが4日前くらいにそれつけたじゃないですかー」
(WEBでやったから)日本中に一気に広まる。そしたらそれ以来ファンの子からもらう手紙に『ふけのり頑張ってね!』とか書いてある…!という河合くんにいいじゃないかと滝沢さん。
それだけじゃなく
河合「最後悪になりきってるときに、ふと頭に(右の側頭部あたりに手をやって)浮かんだりしてー!」
そんなことをかんがえていたのか!と怒られ、慌てる河合くん。
冨樫に関してのお言葉がとても素直に嬉しかった。


・北山
下手から登場。
滝沢「キスマイフットって何人だっけ?」(いつも2が付かないことが多い…気がする)
北山「7人です」
今回4人でメインをやるにあたって。
北山「いやーやっぱさっき河合も言ってたけどより責任感があって、寝れなかったんです」
河合「嘘です。すごい寝てます!来てすぐ寝てます」
北山「寝てますけど?!」

先日メンバーが観に来てくれたけど千賀が7列目で大号泣…というなんとジャニーズWEBでの『殿の命』と同じ話をしだす北山さん。
ああ本当に相変わらず残念な子…だ!(幕間に更新みていたのでわかってしまった)
北山「率直にすごい嬉しかったです」


・Gロケのお姉さん
・JAEさん(JACさんが改名)


・MAD
…山本
本当にこの一ヶ月楽しく充実していた。
女形も楽しかった。
(滝沢「病みつきになった?」)はい、ちょっとなりそうです。

…福田
「この滝沢演舞城に初めて出して頂いて、本当に本当に本当に楽しかったです」
滝沢くんと仕事をするのが何年ぶりか、なくらい一緒に仕事をしていなかった。

…辰巳
「先程言った通り僕も初めてで」
一ヶ月が早すぎてもっとやってたい。
また機会があったら滝沢くんの舞台に出して頂きたい。
滝沢「おまえもコッチか?(手首を背屈させてコッチのポーズ)」
辰巳「(そのポーズをしながら)楽しかったです!ありがとうございました!」

…江田
今回は(MAD唯一、演舞城出演が)二回目。
「フライングさせて頂いて、滝沢くんの足を引っ張った気がします……」
ええっ、となる客席。
フライング中回るところ(清姫に回されるところ?)をいつも注意されていた。それを気にしているらしい。
あまりに喋りがしどろもどろで
滝沢「日本人ですからね?!」
あんまり喋る機会がないからね、緊張するよな。と滝沢さんフォロー。

…越岡
稽古場から二ヶ月。滝沢くんの背中を見てきた。
「ほんと秀明兄ちゃんのカンパニー、ほんと楽しかったです!」
そんな呼び方初めてだ!と言われる。
カンパニーと呼ぶのはやっぱりSHOCKがあるからかな、とふと思いました。

…後藤
(松崎を敢えて飛ばしての、らしい)
「三回目なんですけど、ちゃっかり初演から皆勤賞なのがすごい嬉しいです」
今回はちょっとだけ殺陣やったのが難しくて、滝沢くんに注意されて落ち込んだりもした。家に帰って鏡見て練習した。がんばった。
「でもすごい勉強になった一ヶ月で、楽しかったです」

…松崎
(呼ばれる前に、MADのみなさんでしたーとか色々弄られて)
松崎「初めて演舞場に来て、最初見た時にすごい威圧感…」
滝沢「失礼だろ!」
演舞場は他と造りが違うので(桟敷席とか縦に長いかんじとか)。
…松崎さんのコメントは非常に文字に直し難いので、パス。みんな笑ってた。時に河合くんと辰巳さんは立ち位置が近かったこともありちょこちょこお話しして笑ってた。


・ダンサーさん
・小さいジュニアたち


・戸塚
「いやーまずどうでもいい『へえ』から言っていいですか?」
全員キョトンとなりつつ、でも戸塚さんだし…という雰囲気。
演舞城が三年目、三郎をやるのを三人目で、3・3・3………という本当にどうでもいい『へえ』を披露。
三郎は去年風間くんがやっていたからプレッシャーだった。
滝沢くんから最初(三郎は)明るく!と言われて、とにかく明るい三郎を目指した。
心から三郎になるんだ、滝沢くんの演じる義経の三郎になるんだ、と思ってやった。

滝沢さんにとって「ところどころすごくグっとくる三郎だった」。
戸塚「ありがとうございました」
滝沢「来年はわかんないけどね。二階堂あたりが三郎やってるかも」
戸塚「えええっ。もう少し三郎って呼ばれたいですね」


・藤ヶ谷
「去年に引き続き、今年も弁慶を演じさせて頂きました」
今年の演舞城では2つ決めてたことがあった。
去年の方が良かったと誰からも言われないようにと毎日思ってやっていた。
別れのところは感情が入ると泣いてしまう。泣いたらセリフが言えなくなってしまうので泣かないように気を付けていた。
でも今日(言えないくらいまでが涙がきて)限界が来た時に、さっきアドレスゲットしたから後でメールしようと考えて乗り切った。
そんなことを考えてたのか!と怒られ、ほんとにもう限界なとこまできたから〜と慌てて弁解。
本当に弁慶になりきっていて、公演が終わって帰る時も手がこう(脇を開き気味で手がグー)なったりしてた。
ドリボ(本番)でも手がこうなって、五関くんが「おい弁慶、手がこうなってる」って言われたりしてた。

滝沢「今日最後(別れのシーンで)泣いているのを見て、こいつ本当に弁慶になったと思った。グっときた」



・滝沢(ジュニアに関することのみ)
今回は全員出れる状況じゃない中、「(内容的にも)信頼関係とか考えると、演舞城にはこの四人に出てもらった」
四人はグループを離れてのということでプレッシャーとか、体力的にも(ドリボと平行の稽古で、本番が終わってから帝劇でニ幕の稽古とかやってたし)大変だったと思うけれど、本当によく頑張ってくれた。
四人にとってすごく良い経験になったと思う。
来年のこととか何もはっきりしたことは決まってないけれど、できるだけ今のメンバーでやりたいと思っている。


・ラスト、With Love
まだ滝沢一人で歌うところなのに♪いつも…繋がってる♪あたりでうっかりフライングしてしまう河合くん。(26・27日連続で)
気持ちよくなったんだろうか。可愛らしい。
あ、とばかりにその後はみんなで歌い出すところまで、お口にチャック!なかんじで口を噤んでらした。
解放された時には思わずよかったね!と言いたくなるくらいに気持ち良さそう楽しそうで非常に可愛らしかった。





滝沢演舞城。本当に、一ヶ月間お疲れ様でした。
ハードな舞台だけど大きな怪我なくみんな揃ってここまで迎えられたことが嬉しい、と仰った滝沢さんだからこそ、みんなが付いて行くんだろうなと改めて思いました。
最後、幕が下りる時みんながすごく良い笑顔だったのが印象的で、嬉しかった。

今回の演舞城は出演者も限られているし(平日の昼間なんか特に)、最初はどうなるかと思いましたが…始まってみればすごく纏まっていて見やすい、そしてとても完成度の高い舞台だったと思う。人数の少なさが逆に良い方向に出たというか。
ジャニーズならではのよくわからない演出も少なく(時間的に無理だったそうですが、無理にフライングをちょこちょこ入れるよりも舞台としてのクオリティは高まった…と思う)、そして何よりもMADのみなさんが…すごい!
クオリティーの高さが…。
稽古をしっかりしてきたんだろうというのもありますが、何よりも舞台慣れしているというか、一人一人のスキルが平均的に高かった。それが舞台全体のパフォーマンスの底上げにもなっていた気がします。
ドリボがありましたので稽古時間的にエビキスの四人とMADが一緒に…という場面が少なかったのは残念ではありますが、それでも逆にだからこそ清姫や呉服屋さん、歌舞伎でMADの素晴らしさも存分に発揮された面もあるでしょうし…。
でもやっぱり次に一緒にやる機会があるのならば、ぜひその時はたくさんそういうところが見れると嬉しい。

そして四人。
メンバーが発表された時点ではものすごく色々と考えて、ユニット愛的な部分が強い者としては本当に悩ましいものがあったわけですが…。
幕が上がってしまえばそんなことは関係なくなった。何より彼ら本人たちが本当に充実した顔をしていて、それが本当に嬉しくてこの一ヶ月幸せでした。
本当に、お疲れさまでした。
この一ヶ月でより彼らに対しての思いが深まりました。


また改めて演舞城のことは語りたいな。
レポは訂正があったら随時。
| 演舞城 08' | - | -
 いよいよ残り3公演!26昼
本日昼!
今日のお席は三階席。
三階席はだいぶ「後ろのお客様の御迷惑になりますので、背凭れから背を離さないで下さい」を徹底する…努力をしていると思う。












・オープニングアクトに登場する河合さん。
今日も前髪下ろしたお姿です。だいぶパーマはいつもの感じに落ち着いて来た?(くるくるダウン)
もうオールバック風にするのはお止めになったのでしょうか?(そうして下さい)
森さんのお声が響くところで静止ポーズになりますが、あの時実は左のズボンに親指を引っ掛けてらっしゃる!
その癖本当に大好きです。


・戸塚さん右サイドが寝癖でふわふわぴょこりとしていらっしゃる…よ。(かわいいけど…)


・口上(だいたい)
北山「残念ながら22歳という年齢の関係で白虎隊に入れませんでした。社長曰く論外だってさ!(両手を腰の前で払う)お父さん、お母さん。もう少し遅く産んで欲しかった。今日もがんばります」

戸塚「年齢の関係では入れませんでしたが、童顔だから僕は大丈夫だってさ。社長曰く例外だってさ!(同じ仕草)トッツーこと」

河合「戸塚祥太がはなまるマーケットに出れて何故僕が出れないかと言うと、朝には耐えられない老け顔だからだってさ!」

藤ヶ谷「白虎隊ドラマに出ました。1ふじ・2がや・3たいすけ」

山本「僕、本当はダンスが嫌いです。(客席若干どよめく)でもそんなの山本じゃねぇ、でもそんなの山本じゃねぇ、でもそんなの山本じゃねぇ(動作付き・客席一安心)。はい」


・福ちゃんの例のアレはしっかり確認。案外わかりやすく走り込んでいらっしゃる…んですが、前の方々に気を取られ過ぎていました。


・滝沢さん白塗りになるところの戸塚さん口上。
チビッコたちがいたので滝の白糸はなくなりましたが、ここでは変わらずザパーン!→ぷはー!をやる。頭をぶるぶるするのはドナルドみたいでとってもかわいい。


・呉服屋さん。
始まる前、辰巳さんが番頭さんのお隣でソロバンをコロコロ転がして遊んでいる(超ラヴリー)。
最後に4人で言う「おまえもかぁ!」の後、♪キミたち男の子♪と歌い出す松崎さん。


・三郎、〜なら盗む!の下り。
「女が必要となれば、向こうからやってくる!」


・三郎が盗んで来た団子を〜の件。
三郎が盗んで来たと聞き、ドギマギした義経が花道横のお客さんに団子を袋ごと渡してしまう。
あれ?親方団子は?食べてない!ええ?ああー!おぬし!それは俺が親方の為に盗んで来た団子だ!そういうのはよくないぞ!
義経「よくないぞ!」
弁慶「そうだよくないぞ」
義経「弁慶、怒れ!」
弁慶「(ええっ)…たっ、たたたー!」←威嚇の声
言われたお客さんびっくり。謝れと言われて戸惑うお客さん。
義経「反省してないぞ(もう一回言えとの振り)」
弁慶「たー!たたたたたー!」
お客さんに、わかんない…と言われたらしく
義経「わかんないっていわれたぞ」
弁慶「自分も…わかんなかったっす」


・三郎を咎める弁慶、今日もVenusを躍る。
それなら俺も!と三郎も。そしてさり気なく義経もやる。


・影絵導入、弁慶・三郎の揉み合い。
弁慶「男は身長が命だ!」
三郎「そういえば翼くんのほうがスタイルもいいし、かっこいいなーって思ってたんだ…」
弁慶「だろ?」
二人、じっと見つめる義経と目が合う。
三人「………」
三郎「親方!弁慶があんなこと言ってましたー!」(義経に駆け寄る)


・お茶の件
弁慶「結構なお手前で…」
義経「私にもくれ」
弁慶、久々に言われて動揺。笑ってしまう。でもがんばってみる…が相変わらずできない。
義経「ああもう!」
弁慶の頭をパコンと叩く義経。ゆっくりと客席を向き、勝ち誇ったようにニヤリと
義経「…男はテクニックだ」
観客「きゃーー!!!」
三郎「…お!お、おやかた!影絵って楽しいですね!(爽やかに)」
アダルト方面ですか?という雰囲気の中、全く空気を読まない三郎の無理矢理流れに戻すコメントがなんとも…。
そこは何か一言絡ませる空気だったような…気がするけど…でもそれがまた戸塚さんらしいというか。


・せめて一度でいいから、の三郎。
「せめて一度でいいから、おなごと熱い抱擁を交わしてみたかった!」


・平泉
やっぱり衣装大きいですよね…な冨樫さん。義経の傘を持つ右手が完全に袖に隠れています。(かわいい)
今日もウルウル。御無事を…では三階席からでも潤んだ目が確認できました。やっぱりあのあたりの表情はきれい。


・最期の出陣
義経との別れのシーン。今日も三郎は泣きそう。ここは最近はずっと感極まるピークがきている気がする。
そういえば戸塚さんの声は23日の休演日後の24日はだいぶ落ち着いていましたが、また所々嗄れたところが出るようになったかな。
あと一日。がんばれ戸塚さん!


・義経vs人斬りフミト
「よしつねえええええ」は三階席で確認できた。
これはもしかすると…一階席だとまともにSEが当たるので聞こえ難いだけで、上の方がよく聞こえるのかな??
初日ぶりの三階席でそんなことを思いました。
北山さんが散るところでは(北山さんの役って悪知恵は働くのでしょうけれどあんまり強くない…よね…)血糊アイドル…とつい毎回思ってしまう。





残り三公演ということで、かなりみなさん引き締まっていらしたと思う。(と、幕間にお知り合いになった滝沢さんファンのお姉様もおっしゃってた)
でも遊びも多くて楽しい。

さて明日はいよいよ千穐楽。
今日は早く寝ることにします。
| 演舞城 08' | - | -
 ジョシュの名残りと24昼!
Myojo!

・笑顔の練習〜の件
思いがけずジョシュの頃のお話が出て来てかなり心を震わせてしまいました。
うわぁ、あの演技の裏にそんな中1の河合さんがいたなんて…きゅん通り越して苦しい!
・家に帰ってまずすることが「リビングへ行って、家族に『帰ってきたよアピール』」って…………!
ほんともう河合さんはもう…もうもうもう!!!
ってくらいに参りました。
ほんとうににじゅっさい?
ああこんな息子がいたら幸せだと思う。

塚ちゃんの質問に、結局誰も答えてないA.B.C.がらしくて可愛らしいと思った。






ということで24昼!









今日はビデオ撮りDay!
10台以上?カメラが入っていて、中に入った時からもしや…と期待をしていましたが、昼公演終わりに滝沢さんから「DVD化」の明言あり。



・本日のお席は、またもや(オープニングやダンス・エンディングでの)河合さん立ち位置正面!
延長線上にいらっしゃるので、またまた睫毛がよく見えます…うう、また睫毛が一人影絵になってます!


・一幕の藤ヶ谷くんはセンター分け。
センター分け大好きなので、あれが記録に残るなら嬉しい。
河合さんもなんと前髪下ろしてきた!けど案の定伸びてる!
でも眉よりもまだ上だったのが嬉しかった。
…しかしこの二人、昼公演がそうだからって夜はわからないから安心は出来ません。
ちなみに戸塚さんは予想通り、後ろ髪がぴょこりと跳ねていらっしゃいました…これまた案の定!


・何度も書きますが一幕の最初がとても大好きです!
みんなが下から出て来るところは「つくし」と呼んでます。
一度屏風みたいなセットが締まった前であの4人が踊るところが堪らなく大好きで…特に終盤になってくると(エンディングでもそうですが)河合さんの表情豊かすぎる、あれが本当に堪りません。
あと屏風前の時の、必要以上に跳ねるのが多いダンス!
そしてやっぱり北山さんはダンスが上手い。丁寧。好きだな〜。


・口上(だいたい)
北山「残念ながら22歳という年齢の関係で白虎隊に入れませんでした。…論外だってさ!お父さん、お母さん。もう少し遅く産んで欲しかった。今日もがんばります」

戸塚「人の成長とは早いもので(電車がどうこう話して)急行・特急・超トッツー!」

河合「僕は白虎隊の剣士のように、かわいいかわいいかわいふけと…あっ、かわいふみと!」

藤ヶ谷「白虎隊ドラマに出ました。1ふじ・2がや・3たいすけ」

辰巳「♪ねーうしとらうーたつっみ〜♪」←歌った

山本「山ちゃんこと、亮ちゃんこと、山亮こと、もう好きに呼んでください」


・三郎、客席登場で「〜なら盗む」の件
「女が必要なら、心を盗む(胸の前で両手でハートマーク)」


・影絵導入、弁慶と三郎が揉み合うシーン。
今日は身長の話に。
弁慶「男は身長が命だ!」
三郎「どうりで翼くんのほうが(かっこいいはず、みたいなことを)」
だろ?と同意する弁慶。
三郎「弁慶!親方が気分を害されているぞ!」
あわあわする弁慶。
三郎は直ちに親方の元へ駆け寄り
三郎「親方!ごめんなさいアンド助けてください!」

たしかお茶のところで
義経「男は身長か」
弁慶「男は器の大きさでございます」
客席拍手!


・三郎が敵に斬られて痛がるところ。
いたーい!と弁慶の足に縋り付く三郎→倒れる弁慶、義経の足に縋る→義経倒れる


・「せめて最後に」の三郎、本日は「おなごをお姫様だっこしてみたかった!」
抱き上げた動作をして、更に後ろに回した手で、背中だか頭あたりを撫で撫で。


・平泉。
やっぱり富樫はちいさ…(かわいいいい)
今まで書き忘れていましたが、富樫が花道を通って入ってくる時に頼朝の命(義経を助けたら覚えとけ酷い目遭わすぞ)が流れているあたりが切ない。
あぁこの人、この件でやっぱり死ぬんだろうか…。

弁慶の打擲あたりでウルウルし始める富樫さん。
迷う表情。感情が隠し切れないで覗いてしまう(このあたりで誠実な人柄が窺える)。
たぶん頭の中ではさっきの頼朝の命が響いているはず。
しかし弁慶の姿に…「もう止しとするがよかろう!」
そして万感の思いを込めた「ご無事を…」
いやいやいやあなたがですから!!

本当にシーン導入部分で流れた頼朝の言葉は考えれば考えるほど重く伸し掛かってくる。
もちろん富樫は頼朝の命に逆らうという意味は十分過ぎるくらいにわかっているんだろうし、それはかなり表情に顕れていると思うのですが、悩んでいる間よりも「もう止しとするがよかろう」で全てを振り切った後からの穏やかになった表情や口調やらが、観ていて寂しくて苦しい。
達観というか、この先自分を待ち受けるだろう処遇をわかって尚受け止めてる強さが余計に。
富樫の漏れ出てしまった人間性、そして富樫の行く先を考えると、その姿がとても切なくて儚いものに感じてしまいます。

しかし平泉を越した花道での弁慶はすごいと思う。
ほとんど声での演技ですが、上手いよねぇ藤ヶ谷さん…。
そしてこの平泉での三郎の表情も好きです。
主従というものがどういうものか、衝撃を受け、目を見開いてひたすら焼き付けてる…かんじが。
心を打たれているというか、富樫もそうですが様々な感情が渦を巻いている、すごく複雑な繊細な表情が…。こっちまでなにか持ってかれる。


・相変わらず源ふけのりさんはかっこいい(殿が命名した、人斬りフミト)。
地味かもしれませんが、開戦の時の刀を振り挙げた後に笑うところがものすごく素敵で気に入ってます。
戦が始まる時にあの笑いって、やっぱり人斬りフミトさん、結構イッてらっしゃる。


・三郎最期はいつも通り残忍。フミトさん、最後に蹴るあたりが酷い。
今日も通り過ぎるまで転がった三郎の顔を見て笑ってらした。
そして三郎の最期の叫びはやっぱり泣ける。
本当に、良くなったよ…いいよ戸塚さん…三郎、良いなぁ。
そういえば今日も最期の出陣ではウルウルしてた。


・弁慶の最期…の前に、義経との別れシーンが大好きです。
あの妙に穏やかな表情と、真直ぐな言葉。最後の一礼。
弁慶が愛しくて堪りません。この瞬間は本当に人斬りフミトが憎らしくなります。
…が、それでもやっぱり人斬りフミトさんはかっこいい。堪らなくかっこいい。
今日もきっちりみんなを率いて弁慶を滅多刺しにしてました。
そして最後にトドメの一斬り!
SEが大きいのでちょっとびっくりします。

三郎もですが、最期の叫びにエコーがつくので、弁慶の涙混じりの荒い息遣い+「との…殿……よしつねさまああぁ!」は生々しすぎてグッときます。


・そして人斬りフミトさんの最期(というか死んでない気がして仕方がない)。
今日は聞こえましたよ、あの大音量の中、「よしつねえええ!」が。
先日の一階後列もうっすら聞こえた(気がする)。
でも初日のA席が一番はっきりくっきり聞こえたということは、やっぱり音量大きくなってる?


・本編終わりで出演者紹介
本当にみんなに拍手をおくって、気持ちが伝わればなぁと思ってしまう。
届けたいと願うくらいにすごくみんながんばってるのわかるし、何より良い。だから伝えたくなる。
名前を呼ばれてお辞儀をする時、河合さんはいつも勢い良く一礼。
あの礼の仕方はやっぱり演舞城ならではだなぁと思う。


・エンディングでは相変わらずオールバック風で出て来る河合さん。
でもすぐ崩れる。(そのほうが可愛らしいです)
藤ヶ谷くんは弁慶してたからバサバサですが、でもやっぱりきれいな表情してるなぁ。



あと明日、明後日、明々後日。
残り5公演、怪我なく心残りないよう。
祈っています。
| 演舞城 08' | - | -
 記録用じゃない…ってさ!
今日カメラすごい台数入ってる!
わ、撮りですか…?!
わ…!



お!
昼公演終わりで「DVD化」って明言でた!
自分たちで、形として残したくて…ということで。
うわぁ、すごい…嬉しい。
難しいこと抜きで、彼らががんばっているものが形として残るのが嬉しいです。

でも今日撮りだったから口上は…冒険しないんですね!河合さん!
夜は歌ってください!(まずしないね)
その代わり今日は辰巳さんが歌ってた…

とりあえずまたあとで〜
| 演舞城 08' | - | -
 いよいよ残り10公演切った…21昼!
今日の演舞城・昼公演!だいたいのお話。















・口上(だいたい)
北山「22歳という年齢の関係で白虎隊には入れませんでした。ちなみに僕だけハチマキできていません(間に合わなかったらしく途中でするのを諦めていた)。スタッ、フー!スタッ、フー!…スベってないですよ」
…ドリボのピエロで玉森くんもやっていたお笑い芸人さんのネタ。

戸塚「(同じく?)年齢の関係で白虎隊には入れませんでした。君をゲッチュー・僕トッツー!」

河合「(翼くんのGet Downで)♪僕はゲラッゲラッゲラッゲラッ、老けてないよ老けてないよ♪…老けてないよ!」
老けてないよ!の言い方が子供みたいでラブリー。

藤ヶ谷「白虎隊ドラマに出ました。DVD BOX買ってない人、今すぐ買って下さい」
だんだんと催促が鬼気迫ってきました。



・本日は平日なので「滝の白糸」の少年役は戸塚さんへ。その後の滝沢さんの七変化での口上の格好のまま。
滝沢さんが白糸最後で上から落ち、次の七変化へ行く時。花道に再び登場する口上役の戸塚さん。
ザッパ〜!という音と共に登場。水遁?の術のように竹筒?で呼吸(フリ)。
ぷは!としてから「さあて、お立ち会い!」


・ゲタップ終盤に下駄が飛んでいく山亮。最初のソロのところじゃなくてよかった。


・そういえば「源久郎義経殿、ご出陣!」のあの声は去年の塚ちゃんのまま変わっていないような気がしてしかたがないのだけれど……やっぱり気のせい?


・戸塚さんハスキーボイス。よく裏返る。それを隠すためなのか全体的にトーンが高い?
そういえば自己紹介の時も「とつか」が完全に裏返っていた。


・三郎、「女が必要となれば…心を盗む!」


・こら三郎!と怒るところでいきなりVenusのサビの振りを躍り出す弁慶。
「ずるいぞ!俺も!」と言って同じく躍り出す三郎。


・どちらが一の家来か…というところ、親方の誕生日は言えるか?という三郎に、うっと詰まる弁慶。でも言える!と嘯く。なら言ってみろ…と言われ、
弁慶「さ、三郎…一緒に…」
三郎「いっしょに?よし、じゃあいっしょに言おう」
ということで一緒に言う!…けど弁慶は常に三郎の語尾になんとなく追い付くかんじで言う。そしてそれを三郎に咎められる。
三郎「じゃあ翼くんの誕生日は?」
弁慶「11月17日!(即答)」
そして殿が…
義経「弁慶、確かに1人だけプレゼントくれなかったよな」
弁慶「う!………(苦笑)」
義経「いっそのこと翼殿の家来になったらどうだ?」
弁慶「………なにせ殿のメールアドレスを知らないもので…」
義経「…理由にならないな」


・お茶(影絵)のところでも
義経「これでも飲んで頭を冷やせ(注ぐ)」
藤ヶ谷「(しっかり飲んでから)……やっぱり翼くんの方が……」


・三郎「せめて一度でいいからおなごに、『はい、あーんして』って言われたかった!」


・最後の出陣時、三郎の声が…言い方が…もしかしてと思って双眼鏡で見てみると、目は涙でいっぱい。声は涙声。すごく感情が入っていて思わずもらい泣きしてしまいそうだった。本当に、今回のことはみんなすごく良い経験になっただろうなあ。


・弁慶の最期、大勢に一気に刺される×2回→人斬りフミトにソロでバサっと斬られる…へ変更。派手になって良い。
刺す中にフミトもいる。一回抜く時は、フミトがまず抜いてから他も一斉に抜くあたりが別格扱いでかっこいい。
最期は「殿…との……との……よしつねさまあー!」で上体を折り曲げて死(去年と一緒)



4/16から発売されたステージフォトは素晴らしい!
遂にMADさんたち登場。
ところでエンディングの赤スーツ藤ヶ谷くんはすごくきれい!
人斬りフミトさんが写真に残っております!鎌倉殿とナンバー・2の北山さんと3ショット。
一幕最初の青+シルバー衣装の写真は、河合さん先頭!になんだか戦隊モノみたいな並びが非常にかっこいい。

| 演舞城 08' | - | -
 滝沢電波城、08.4/19
御好意で聞くことが出来ましたので、できるだけ文字起こししてみたいと思います。
長いので畳みます。




続きを読む >>
| 演舞城 08' | - | -
 夜も子供です
改めて聞いて












とりあえず河合さんが入所年月言うのはずかしがってるのと、みんなラジオ初めてっていうのにものすごく切なさやら衝撃やらが走りました。本当に。ちなみに入所日は5/9ですよね河合さん。戸塚さんも4/25で9年。
河合さんはでも非常に愛らしい面も出ていたし予想以上に喋ってらしたので素敵だったので精神的にカバーできましたが(それにしても相変わらず滝沢さんは河合さん好き過ぎる)、ラジオ初めては…
昔はラジオと言えばジュニアってイメージだったのになぁ…
ドキドキアフタースクール!

そして相変わらず北山さんは北山さんだった…
愛しいことこの上ない!



良い夢見れるな〜
おやすみなさい!
| 演舞城 08' | - | -
 しゃしんが!
演舞城・写真第二段…
かかかかか河合さんのしゃしんが!
河合さんの写真が、前髪あるよー!!!
こ、これですこれ!ずうっと言ってた前髪下ろした姿…!
やっぱり可愛い、やっぱり可愛い!!
ほんと初日しかお姿拝めなかったのでもう二度と御会いできないかと思った…よかった出会えて!
この衣装は、戸塚さんと二人でやる和太鼓かな?
二の腕…☆.。.:*・°

戸塚三郎との斬り合いシーンは本当にだんだんリアルさが増していると思う。
今日よかった、本当によかった!
三郎が死ぬ時泣けるのは、勿論戸塚さんがどんどんよくなっているからだと思うのと、それとプラスして河合さんが本当に憎らしいかんじでざっくり斬っていくのが…その効果を増しているんじゃないかなぁと、ファンの贔屓目かもしれませんが感じました。
二人がすごく気持ちを込めてやっているからやり取りが本当に鬼気迫って、その雰囲気に飲まれるから感情移入度が増すというか。

人斬りフミトが自分の横を(転げ回っているのをひんやり笑いながら)通って捌ける時に「待てっちょっと待てぇ!!」って叫ぶ戸塚三郎初めて見た。グッときすぎて苦しかった…!
人斬りフミトが通り過ぎるギリギリまで三郎に視線を向けてゆったり歩いて(ひんやり笑いながら)、少し越すくらいまでは見ていて一二歩離れたら一瞬フッと笑みを深くしてさっさと歩いて捌けるとか、痺れた〜!
三郎が斬られるところは後ろからになって良くなったし、最近は更に良くなってると思う。息も合ってるし、動きとか細かいところであぁ考えてきてるなってかんじがする。
一刀目のお互い目を見て…のところとかすごく良い。二人共全然遠慮なく思い切り役・世界に入ってて。
気合いというか気持ちが入ってるのがすごくわかるし、それが相乗効果で良い方向になってる気がする。
大好きなシーンです。

あ、闘いの合図を出した人斬りフミトさん、合図出した後うっすら笑ってるのが素敵…
あと今日も憎き義経に突き飛ばされて雨の中スライディング的になってた☆
やられるお姿も本当に素敵!
でもあれ…あのかんじ、あの御方死んでないと思う。

With LOVEの時に河合さんがとにかく嬉しそう楽しそうなのはなぜだろう。
ものすごいものすごいものすごい楽しそうすぎて胸きゅん通り越して心臓痛くなりそうでした。
挨拶の時目線追ったら一・二・三階全部をちゃんと見てにこりとしてた。


充電なくなりそう、またあとで!
| 演舞城 08' | - | -
 鎌倉軍に斬られたい
トドメはあの御方でお願いします。

本日昼公演!























本日のお席は、上手側の河合さんの立ち位置真正面(延長線上)だったらしく、最初のソロやエンディングやありとあらゆるところで真正面に河合さんが!
しかも一桁列だったものでそれはもう眩いばかりのキラキラオメメパワーが……ま、まぶしい!
睫毛が多くて長くて、二幕でもないのに繊細な影絵が河合さんの目許に!
肉眼でじゅうぶんなのに敢えて双眼鏡でオープニングアクトのビューティ河合さんを見てみたら…あっ相変わらずツルッツルですなツルッツル…アイドルだね!

そんなありがたいお席でしたが残念ながらニールはお仕事の為欠席…心底ニールと来たかった。

パッツン前髪はやっぱり今日も封印…。
真ん中分けで、うまく後ろからの髪に包むようにして前髪を隠しているかんじ。
いやーでもかわいい、かわいいですやっぱりそのパーマ。ふわふわくるくる!
しかし少し崩れた前髪さんを見たらすでにパッツンじゃなくなってるように見えるんですけれど…。
やっぱりね!だと思った!でもかわいいのは変わらないからまぁいいか!
しかしパッツンは結局初日のみですか?勿体ないですよ。MOTTAINAI!


今日の口上は、(変更あった方々)
戸塚「身長は関係ありませんが同じく年齢の関係で白虎隊に入れませんでした。負けるな俺っ」←北山さんのパクリ
藤ヶ谷「白虎隊ドラマに出ました。DVD買って下さい」
越岡「頭首足肩こしおか〜」
福田「鬼は外、福田は内」
辰巳「なんだい誰だいたつみゆうだい」

河合さんもそろそろ新しいのチャレンジして頂きたい。
戸塚さんの「負けるな俺っ」は手でグッとやるのもコピー。


オープニングで一番最初に4人が横一列に並んで踊るところがとても好きです。
河合さん入り込んでて素敵だし(あの堪らなく楽しそうな笑顔が!)今回この4人メインでがんばってます!なかんじなところだから嬉しい。


白虎隊。
今日初めて気付いたのですが、みんなが自害するのを北山さん(官軍トップ)が見てる。
その時北山さん泣いていらっしゃるんですね。
肉眼で目がキラキラしてるな、潤んでる?と思って双眼鏡使ったらはっきり目に涙が溜まってて、「地獄だ…」の時とかも声が歪んで本当に泣いてた。
初日はそんなことなかったので(遠かったから自信はないですが、声は今日みたいに震えてなかった)びっくりしました。
そしてそんな演技の北山さんを見てうっかり泣きそうに…。
今日の「地獄だ」あたりの言い方が本当に気持ちが入ってるようで、今まで見た中で一番伝わりました。


仮面→和太鼓。
今日も見つめ合いはなかった…でも今のほうがもちろん良いんだろうけれど!
(初日の良い思い出にしよう)

それにしても戸塚さんの痩せっぷりが半端ない…!
頬に全然お肉がないよ…
あの目力といい、上目遣いの時はなんだかエイトの丸山さんに見えるのは…気のせいか。

アクロの入った踊りのあたり、戸塚さんが本当にちゃんと踊ってらっしゃるよ〜…遅れもなし!きれい!
アクロも完璧!
むしろハンドスプリングの時は一人だけ二回しているように思うのですが。得意技の河合さんは一回なんだけど、戸塚さん…初日も二回してたしあれはそういう決まりなのかしら。
そしてここでの河合さんの表情がまたイイ!柔らかい笑顔で実に楽しそうに踊っていらっしゃいます。

滝沢さんのお七終わりで赤い幕が降りると、4人がもふもふの付いた棒(タンポポの綿毛が先に付いてるかんじ)を持って出て来るあたり。
あの衣装大好きです!紫で胸元あたりに模様があって、赤黒の帯。北山さんのステージフォトが一枚それでしたっけ?
できれば4人並んでるところがほしい。

浅野内匠頭の切腹!…はやっぱりチラリと見える腹筋がすごい………!
河合さんのふっきんとは比べ物にならない、実に立派な…立派すぎる腹筋。正にダビデ!


二幕、三郎の客席トーク…
気付けば真横あたりで喋ってらっしゃる三郎!
ひぃぃぃ…近い三郎近い!の気分。
戸塚さんほんと痩せた…痩せた…小顔…とかそんなことばかり考えていました。
あまりに近すぎて…でも目力に屈せずしっかり拝見(あまりに近いと逆に見辛い)。

「女が必要となれば…口説く!ねー(お客さんへ)」
は可愛らしかった。

藤ヶ谷くん、「おまえに用立ててもらうものなどない!」というセリフをその前の戸塚さんのセリフにがっつり被せてしまうというハプニング?発生!
でも慌てず騒がず、もう一度自分のセリフを言う戸塚さん・次に被せてしまったセリフを言う藤ヶ谷くん。
なんだか安心して見ていられて嬉しかった。

三郎が盗んできたまんじゅうの件。今日は下手から出て来た義経も袋を持ってる!
そして花道横最前列のお客さんへ分け与える(笑)。
袋ごとあげちゃって、結局あとで三郎が「これは俺が親方のために盗んできたものだ〜!」ってかんじで回収してました。←このあたり、バタバタ必死に返してもらおうとする三郎がめちゃめちゃかわいい。

影絵。
相変わらず急須ができない藤ヶ谷くん。
義経に「私にも注いでくれ」って言われた時点で笑ってる。(怒られる)
全くうまくできず湯飲みから注ごうとして「飲みかけを寄越すな!」「おまえほんとにおぼえてないのか?しっかりしろ!」と怒られてる。
じゃあ三郎…と言われて「待ってましたぁ!」と笑顔な戸塚さん、あっさりきれいな急須完成!
それにしても影絵の為に捲った二の腕の筋肉が素晴らしすぎます戸塚さん!!
本当にダビデ像みたいになってきましたね…標本としてほしいくらいに見事な筋肉の付き方だった。
戸塚さんの右手小指の下あたりに×の形でテーピングあり。あと手首の背の真ん中に赤い傷あり。あの赤さはかさぶたなのかな??

三郎、「せめて最後に…」のアドリブ。
「せめて一度でいいからおなごと熱い抱擁を交わしてみたかった…!」

関所では「ご無事を……」あたりのあのなんともいえないきれいな表情が…。
きれいな表情は踊ってる時とかもあるんですが、それより儚げな雰囲気を纏うのは、やはり富樫という役柄からくるものなのでしょうか。
しかし富樫…小さい…
去年の戸塚さんサイズが記憶されちゃっているので、やっぱり一回りくらいちいさいですよね〜…かわいいです。


そして人斬りフミトさん。鎌倉軍のあの御方。

三郎を討つ。
今日気付きましたが、まず人斬りフミトが出て来て「始めろ」みたいな合図を出すのですね!
上手からセットの後ろを通って来て、刀を持った右手を振り上げ…それを合図にして始まる。

まず三郎。
この時の、追い詰められる三郎を見ていていよいよってところで出て来てっていう流れがかっこいい。あのひんやりと見ているのが堪らない!
今日も笑って斬る人斬り。
三郎の肩に手を置いて後ろから斬ろうとする時うっすら笑ってて、斬る瞬間「おおお」ってかんじで力入って、返す刀で斜め上からひんやり笑って斬って、蹴った!
あの逆手に持ちかえる仕草は素敵ですね〜…!すうっと持ち上げてサッと逆手にかえる。

戸塚さんはほんとだんだん良くなってると思う。
斬られて蹴られてからの、のたうち回って…絶命、の件、今日すごく良かった。
三郎はこの件が一番好きです。

弁慶を斬る時も笑ってて、斬る瞬間に深く笑って、返す刀でトドメ。嬉しそうに笑う(狂気)。
そのままひんやり笑ったまま捌け。
個人的には弁慶を斬る時の深く笑うところがものすごく好きです。
痺れる……!!!!

対義経は、周りの音が大きすぎて声が聞こえない。いややっぱり声はなくなったかな?口は言ってる。
二回斬られて果てるところでは、憎らしげな表情がものすごい。



あ!ただいま!
次は週末…もうちょい増やしたいなぁ。
| 演舞城 08' | - | -
 あの御方へ恋文を書きたい
本日のあの御方(鎌倉軍の素敵な方)





























本日の人斬りフミトさん(昼)、後ろから三郎をバサっといって一瞬笑い、そして弁慶を斬って去り際に笑っていらしたそう……なんっってかっっっこよろしい!
本当にもう人斬りフミトさんに夢中です。大好きです。ファンレタ0ー出したい。

そして急須の件でまたまたうまく作れない弁慶。そのうしろでひょい!と簡単に作ってしまう三郎。なんと弁慶は昨日うまく作れなくて親方といっしょに(?)練習したらしい!なんてかわいい!
うまく作れる三郎は第一の家来といわれて大喜び〜。弁慶は第三と言われショック大!

ラストの曲ではまたまた河合さんの頭に花びらが降り積っていたそうで!
初日も、他の誰も積もってないのに河合さんだけ三枚積もってたりして桜の花びらに好かれる河合さんでした。
日によってものすごーく積もったり全然積もらない日だったり、面白いなあ。

問題のパッツン前髪ですが、今日もしっかり真ん中分けでパッツンお目見えがなかったそうで……ちょっとそんなことしてる間にパッツンじゃなくなっちゃうよ〜伸びるのすっごく早いんだから余計に。もしかしなくてもそれを狙っているような気もしないでもないですが……あーあ、かわいいのにな〜〜。
せめて少クラ収録の時にはぜひ、ぜひ!パッツンを見せてほしい…。
でもそれまでにはもうパッツンじゃないような気もする…すごく。
二日目からはもう見えなかったっていうことは初日だけだったのかなあ。あーあ、もったいない。

明日は待ちに舞った観劇です〜仕事早退してわくわく駆け付けます!
パッツン見えるといいなパッツン、パッツン、パッツン……

3誌が本当に本当に本当にかわいらしいとおもうのだけれど気持ち悪い語りを書く時間がないから、とりあえず…
「癒し系」と自分(とトッツー)を言ってみたくせに強く言い切れないところがものすごく河合くんらしいと思う。かわいいいんだから!
あとWのキスマイさん対談、もちろんもちろんみんなかわいいのですが、これの戸塚さんが!!
戸塚さんがものすごーーーくかわいらしくってキュンキュンした!
あーそんな可愛らしいところと非常に男らしいところ恐いところの、このものすごいまでのギャップの大きさ!なところが大好きです。

今日はここまで!
| 演舞城 08' | - | -

CALENDAR 
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECOMMEND 
OTHER 


MOBILE 
qrcode